糖尿病 改善

糖尿病を改善する画期的プログラム

 

大逆転!スーパー糖尿病改善プログラム

 

糖尿病の方が、お酒を飲むことはおすすめできません。
ここではお酒の糖尿病への影響

について見てきます。

 

アルコールは高エネルギーなので、どんなお酒の種類もよくありません。アルコールを飲み過ぎたり、長い時間飲み続けていると、高血糖になり、中性脂肪が増えてしまいます。アルコール類は、糖尿病の薬やインスリン注射の薬の効果を高めてしまい、低血糖を起こしてしまうこともあるので危険です

 

適量を超えた場合は、肥満となり、生活習慣病や他の疾患に侵されます。つまり、問題は適量かどうかです。糖尿病の治療では、一般に「禁酒」がすすめられますが、条件を満たす場合は、適量であれば、飲んでもさほど問題はありません。

 

糖尿病の治療中、お酒が許可される条件

 

@血糖コントロールが比較的良好であるA極度の肥満状態でないB合併症が併発していないC肝機能に問題がないD薬物治療・インスリン治療を受けていないE節度を守った飲酒ができる

 

肥満は、糖尿病になる原因としてもっとも多いものです。肥満すると体脂肪が増えて、脂肪細胞から分泌される生理活性物質の作用でインスリンの働きが低下します。
 ですから、普通の人より肥満の方は、膵臓(すいぞう)から分泌されるインスリンをたくさん必要としますが、インスリンを大量に分泌している時間が長くつづくと、膵臓が疲れてしまい、最後にはインスリンをあまり分泌しなくなってしますのです。